握手

Choices Contents

  • 求人情報誌から高齢者介護の仕事を考える

    最近、子育ても一段落して、そろそろ私も働かなければと思い求人情報誌を見たりするのですが、一度辞めてしまった仕事という枠組みに再度入っていくことに、これほどの勇気がいるのだなと感じ、求人誌を見ても、その後の行動をためらう日々が続いています。…

    MORE

  • 求人情報誌を見て働き出したものの・・・

    私は今、とある24時間全国チェーンのお店でアルバイトとして働いています。オープニングスタッフの募集で、面接をし入った頃は他店で研修から始めるとのことで希望時間を聞かれました。私は他にも仕事をしていたため、22時~6時までの間でと希望を出してまし…

    MORE

求人情報誌から高齢者介護の仕事を考える

最近、子育ても一段落して、そろそろ私も働かなければと思い求人情報誌を見たりするのですが、一度辞めてしまった仕事という枠組みに再度入っていくことに、これほどの勇気がいるのだなと感じ、求人誌を見ても、その後の行動をためらう日々が続いています。
それでも「子供のためにも働かなければ」という気持ちは母親として持っているらしく、新聞広告の求人や、フリーの求人誌、ネットの求人サイトを、暇があれば見るという習慣はついてきました。
さまざまな媒体を使って求人情報を見るのですが、どの媒体にも必ず掲載されている求人情報に高齢者介護の仕事があります。
日本は今4人に1人が65歳以上であり、特別養護老人ホームを初めとした、高齢者の介護施設に入所するにも、かなりの待機人数がいるために難しいようです。毎回掲載されるほど人材が不足しているという事実もあるでしょうが、介護の仕事は、夜勤があることなど勤務時間が一定でない事や、短期時間のアルバイトの募集が少なく、家事のこと、家庭のことを考えると、非常に高い障壁があり、その為に人が集まらないのではと思うところもあります。
実際に働いたことがないので、一概には言えませんが、高齢者の施設側も、女性がより働きやすい勤務形態を模索するなどの努力が、人を雇うには必要なのではと思います。
無くてはならない仕事なのだから、もっと、いろいろ人を雇う為の工夫が必要だと感じます。

TOP